取り外し可能

tickets
歯列矯正をしているあいだは、ずっと矯正装置を装着したままでいる必要があると思っている人は多いでしょう。 インビザライン矯正の場合は取り外しが可能です。矯正装置の取り外しが可能なことによるメリットは複数あります。 まず、食事への影響です。インビザライン矯正は装置を取り外した状態で食事をとります。ということは、 歯列矯正をスタートする前と同じように、食事を楽しめるということになります。

面倒なのは外出時に、人に見られることがないようにトイレに行くなどしなければいけないぐらいでしょうか。 このほか、矯正装置を取り外すことによって、 口のなかの衛生環境を良好な状態に保ちやすくなります。ブラッシングはこれまでどおり行なうことが可能ですし、 矯正装置自体も歯ブラシを使用することにより、なんの苦労もなく洗浄することが可能です。こうしたことから、 むし歯、歯周病を招くリスクを低くすることができます。

そのほか、歯列矯正を行なっていると、違和感を覚えることがあります。 そのような場合でも、古いタイプの矯正装置では自己判断で取り外せないというつらさがあるのですが、 インビザライン矯正の場合はもしも違和感が生じたとしても自分で外してみることが可能なため、安心感があります。